RNAすいすい-F

魚類の体表粘膜細胞から、簡単な操作でRNAを抽出できる試薬です。

特長

★魚を傷つけずにサンプリング
★カラムを使わない簡易な抽出法
★低コスト(600円/サンプル)
★スピーディー(5ステップ)
★魚類の遺伝子発現解析に
★体表粘膜に寄生する病原生物の検査に

プロトコール&使用例

■プロトコール

(1)サンプルを綿棒で採取し(↓)氷上に用意したバッファーに漬ける
DS-F金魚
     ↓
(2)フェノール・クロロホルム添加
     ↓
(3)遠心分離
     ↓
(4)上清をイソプロパノール沈殿
     ↓
(5)70%エタノールでリンス
     ↓
   RNA!

■使用例

金魚体表粘膜からのRNA抽出
金魚体表スワブ1個から、プロトコルに従ってRNAを抽出し、50μlに溶解、15μlを泳動しました。

RNA-F泳動

スワブ1個から、約5μgのtotalRNAが得られました。
(本品で抽出したRNAには、若干のゲノムDNAが残存します。抽出後、必要に応じてDNase処理を行ってください。)

製品情報

RS-0005
製品名 RNAすいすい-F(RNAs-ici!-F)  
型番 RS-0005
容量・回数   21ml、50回分 
価格 30,000円(税別)
付属品 酸性フェノールすいすい

☆試供品をご用意しております。ご請求はこちらからどうぞ。

参考資料

お客様の声
「シアノバクテリアからRNAが取れました」

オフィシャルブログでのご紹介記事
製品紹介

取扱説明書ダウンロード(PDFファイルが開きます)
・日本語版RS-F取説
・英語版RS-F取説(英語版) 
 
- Powerd by Be-CMS -