イグサDNA鑑定(「ひのみどり」との同一性検査)

輸入した畳表・イグサ製品などが、
登録品種「ひのみどり」の育成者権を侵害していないかどうか
を確認する検査です。

検査方法

SSR(Simple Sequence Repeat)法
【農林水産省のTLOである(社)農林水産・食品産業技術振興協会より特許権実施許諾を得て実施しています】

イグサ茎30本/試料より、無作為に10本を選んでDNA検査を行います

イグサ試料1件分
試料(1件分)イメージ

所要日数

検査開始より5営業日
(混雑の程度、試料の状態などにより変動いたします。)

お申し込み方法

お問い合わせフォームまたは電話でお問い合わせください。
必要書類(検査規約および依頼書フォーマット)をお送りします。

検査料金

権利侵害を防ぐ立場の方に
【レギュラー】
・最大5箇所のDNA変異(SSR)部位について「ひのみどり」 のDNAと比較を行います。
・結果が「侵害なし」「侵害が疑われる」いずれの場合にも鑑定報告書を発行します。
・種苗権を守る立場の方、種苗権侵害を摘発する立場の方にお勧め致します。

1件:30,000円(税別)


イグサの輸入・販売を行う立場の方に
【ライト】
・必要最小限のDNA変異(SSR)部位について「ひのみどり」のDNAと比較を行います。
・結果が「侵害なし」の場合には鑑定報告書を発行可能です。
・結果が「侵害が疑われる」の場合には、鑑定報告書を発行できません。
(FAX/メール/電話の内ご指定の方法による「速報」のみ)
・ご希望により差額のみの追加で【レギュラー】への変更が可能です。
・低コストで種苗権侵害リスクを回避したい方にお勧めです。

1件:15,000円(税別)

DNA鑑定の流れ

イグサDNA鑑定の流れ図

イグサDNA鑑定結果報告書
          鑑定結果報告書(イメージ)

参考情報

オフィシャルブログでのご紹介記事はこちらです!

イグサDNA鑑定の背景 
イグサDNA鑑定の原理 
イグサDNA鑑定サービス紹介 
 
- Powerd by Be-CMS -