お問合わせ

すいすい通信 vol.03 2011年6月号

 _┃ ☆  すいすい通信 ☆ vol.03  2011年6月1日配信  ┃_

すいすい通信は、「株式会社リーゾ」のお客様、および関係者の皆様にお送り
しています。

あっという間に6月に入りましたが、皆さまお元気にお過ごしでしょうか?
思いつきで始めた「すいすい通信」、なんと3号目を配信です。
いつまで続くか・・・どうぞお付き合いくださいませ。。

それでは「すいすい通信」6月号、張り切って参りましょう!


_/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


 ・リーゾのニュース………………… 今月のリーゾ
 ・特集………………………………… 「DNAすいすい-S」活用術 
 ・ラボで役立つプチウラ技………… 即席!便利なディスポペッスル
 ・おまけの記事……………………… リーゾの「金魚」事業?
 ・編集後記…………………………… 

■ リ ー ゾ の ニ ュ ー ス ━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

○DSご愛用者の輪 キャンペーン実施中

DNAすいすいシリーズのご愛用に感謝して、シリーズ製品をご注文いただいた
お客様に、同じ製品の試供品を3セットお送りしております。
詳しくはこちらをご覧ください。

http://rizo-inc.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/ds-8a59.html

○実験補助パートさん入門セミナーを開催します

リーゾでは、「実験補助をしてみたいけれどよくわからない」、という主婦を
対象としたワンコインセミナーを6月15日につくばで開催します。
優秀な実験補助者を発掘・養成する講座も準備中です。研究者と主婦のニーズ
をうまくマッチさせ、双方に喜んでいただくことが目標です。

詳しくはこちらをご覧ください。

http://rizo-inc.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-03ef.html

○中央農研 異分野融合・新技術創出セミナー

6月30日午後3時〜、中央農研B地区萌芽研究推進共同実験棟にて、表記セ
ミナーにて「遺伝子をとりだす」と題して弊社「すにっぷすいすい」「DNA・R
NAすいすい」をご紹介させていただきます。
近隣の研究者の皆様のご参加をお待ちしております。

*中央農研以外の研究者の方は、予め中央農研・乙部様までご連絡の上、ご参
加ください(乙部様ご連絡先:otobek@affrc.go.jp)。


○核酸抽出オリジナルプロトコル作成キャンペーンのお知らせ(継続)

難しい材料からの核酸抽出にお困りの研究者の方に、耳寄りなお知らせです。
ご指定の材料からの核酸抽出プロトコルを、無償で検討いたします。

http://rizo-inc.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/dnarna-7ba0.html


■ 特 集 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
 
『DNAすいすい-S』活用術
 
6月に入り、田んぼには稲の苗が整然と並んですくすく育っています。
日本人にとって、お米は大切な主食。
だからこそ、お米に関する研究は全国各地でも盛んに行われています。

というわけで、今回はお米のご研究で特によく使っていただいている、
『DNAすいすい-S』をご紹介します。

Sはstarch(澱粉)のS。
澱粉や多糖類の多い穀類、イモ類、マメ類、かぼちゃ、果物、およびその乾燥
品・加工品などから、簡単な操作でDNAを抽出できるのが特徴です。

カラムを使わない簡易な抽出法で、1回あたり約50円と低コスト。
守備範囲も幅広く、上記以外にも、小麦粉、片栗粉、炊飯米、えびせん、トル
ティヤチップ、乾麺、パンなど、いろいろなものから抽出できます。

ご研究における使い方もいろいろです。

たとえば、イネの遺伝解析を行っているあるご研究室では・・・
お米(種子)からDNAを抽出することができることを利用して、忙しい夏場は
田んぼの仕事に集中し、冬場に収穫した種子をバルクにしてDNA抽出を行って
おられます。

この「自殖後代集団DNA」を、「親個体DNA」とみなして解析するというわけ
です。
種子は保存性がよいので、冷凍が必要な葉と比べ、サンプルの保存も便利。
これなら安心して、余裕のある冬場にまとめて解析できます。
目からウロコのグッドアイデアだと思いました。

他にも、イネ種子を半分にカットして、胚のない方からDNA抽出して選抜し、
残りの胚のある方を播種して育成する、というお客様もいらっしゃいます。
これはなかなかの離れワザです・・・。

食物アレルギーの観点から、加工食品に小麦やそばが使われているかどうかを
PCRで調べる方法が開発されています。
この検査のためには、開発されたプライマーと組み合わせてお使いになると便
利です。
(加工食品向けには、さらに改良されたDNAすいすい-PFがお勧めです)

アイデア次第で、ご研究のブレークスルーに、作業効率の向上に、お役立てく
ださい。

DNAすいすい-Sのご案内はこちらです。
http://rizo.co.jp/DNA-S.html


<<その他の「「DNAすいすい」シリーズのご案内>>

ポリフェノールの多い植物組織向け
DNAすいすい-P
http://rizo.co.jp/DNA-P.html

粘性物質の多いバラ科植物向け
DNAすいすい-R
http://rizo.co.jp/DNA-R.html

粘性物質の多いその他の植物向け
DNAすいすい-VS
http://rizo.co.jp/DNA-VS.html

脂質の多い植物種子向け
DNAすいすい-L
http://rizo.co.jp/DNA-L.html

加工食品向け
DNAすいすい-PF
http://rizo.co.jp/DNA-PF.html

土壌・活性汚泥等環境材料向け
DNAすいすい-E
http://rizo.co.jp/DNA-E.html

木材等の乾燥植物組織向け
DNAすいすい-W
http://rizo.co.jp/DNA-W.html

(RNA抽出バッファー「RNAすいすい」シリーズもございます。)
http://www.rizo.co.jp/


■ ラボで役立つプチウラ技 ━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

即席!便利なディスポペッスル

ペッスルpestleとは、辞書で引くと「乳棒」と出てきますが・・・。
ここでいうペッスルは、マイクロチューブの中で、サンプルをつぶすのに使う
プラスチック製のものです。

普通に買うと、1本100円以上して、使い捨てはもったいないですが、洗ってオ
ートクレーブするのも手間がかかります。

そこでお勧めなのが、1ml用のピペットチップ。
その先端を、ライターなどの火で軽くあぶり、穴を閉じて丸めます。
冷めるまで、1分ほど逆さにして立てておけばできあがり。

手に持ってチューブに突っ込み、ぐりぐり回して使うこともできますし、ピペ
ッターに取り付ければ、少し力を入れてたたくように使うこともできます。
穴をふさいであるので、サンプルが穴に詰まり、中に入ったバッファーが出せ
なくなるようなこともありません。
すいすいシリーズでの抽出なら、この程度の粉砕で十分核酸が溶出します。

なお、このペッスルは200μl用のピペットチップで作ることもできます。
DNAすいすい-Eなど、バッファー量が多いときには、1mlだとあふれてしま
うので、こちらがお勧めです。

火を使いますので、やけどをしないよう、十分に気をつけてお試しください!

ディスポペッスルのみご紹介しましたが、ディスポのスパーテル、というのも
あります。
写真入りの紹介記事はこちらです。
http://rizo-inc.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/post-08af.html


■ お ま け の 記 事 ━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

リーゾの金魚事業?

リーゾでは、大きなガラス温室の一角をお借りしています。

その温室には、木枠+ビニールの簡易プールを作り、そこにポット植えのイネ
を沈めて育てています。

ところがこのやり方だと、「アカムシ」(ユスリカのぼうふら)が大量にわい
てしまいます。
いくら刺さない蚊とはいえ、大量のアカムシは気持ちのいいものではありませ
ん。

そこで、「オランダシシガシラ」という、優美かつ頑健な種類の金魚を放すこ
とにしました。
アカムシは、実は金魚愛好家がわざわざ購入するほどの高級な生餌なのです。
金魚は喜んでどんどん食べて、どんどん成長し・・・。

去年の春には、なんと「産卵」してくれたのです!

親に食われないよう別のプールに移しておいたところ、稚魚が孵り、天然の
「餌」を食べてすくすく育ち、夏には色変わりして、美しいオランダ獅子頭に
なりました。

リーゾのお客様に無料で差し上げようと呼びかけたのですが、なかなか里親は
見つからず・・・。
試しに5匹ずつセットにして「ネットオークション」にかけたところ、意外と
好評。金魚好きの多くの方々が購入してくださいました。
わずかな金額とはいえ、温室賃貸料の一部を金魚たちが稼いでくれて大助かり
でした。

孵化と成長の過程を見守るだけでも、なかなか面白い経験です。
昨年の、金魚の孵化に関するブログ記事(写真入り)はこちらです。

http://rizo-inc.cocolog-nifty.com/blog/2010/03/post-87e9.html

今年の記事は、随時アップしていきます(今年も稚魚が生まれています)。
お好きな方は、ぜひお付き合いください。


■ 編 集 後 記 ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

○成り行きで畑違いのセミナー開催に踏み出してしまい、できるのかなあ〜と
ドキドキしています(意外と小心者)。何とか無事に終りますように! 
もちろん好評なら次につなげたい、ハッピーな雇用を一つでも生み出したい、
と夢を膨らませています。

○ようやくご研究の予算が使える時期になり、リーゾにも少しずつご注文が入
りはじめ、ほっと一息ついています。
震災の影響で、研究費のやりくりに苦労される研究室が増えると思いますが、
お金のないときこそリーゾの試薬の出番です。「難しくない材料」からも、も
ちろん取れます。コストダウンのためにも、この機会に一度ご検討ください。
まずは試供品をどうぞ!

○最後までお読みいただき、ありがとうございました。
次回の「すいすい通信」も宜しくお願いします!



【すいすい通信】

発 行 日:月1回・第1水曜日(予定)
発行開始日:2011年4月7日

ご意見ご感想、および本メールマガジンの解除はこちらまで
info*rizo.co.jp (*を@に変えてください)


【発行元】

株式会社リーゾ
〒305-0005 茨城県つくば市天久保2-9-2-B201
TEL:029-852-9351 FAX:029-852-9351
MAIL:info*rizo.co.jp (*を@に変えてください)
HP:http://www.rizo.co.jp/

※本メールは「MSゴシック」などの等幅フォントで最適に表示されます。

======================================================================
Copyright(C) Rizo Inc. All rights reserved.
 
- Powerd by Be-CMS -