お問合わせ

すいすい通信 vol.04 2011年7月号

 _┃ ☆  すいすい通信 ☆ vol.04  2011年7月6日配信  ┃_

すいすい通信は、「株式会社リーゾ」のお客様、および関係者の皆様にお送り
しています。

7月に入りました。
今まで6月だったとは信じがたいほどの暑い日が続きますが、お元気にお過ご
しでしょうか?
頭脳労働者の研究者の皆さまに、暑いラボは厳しいとお察しします・・・。
そんな中でも、ペースダウンすることなくご研究を推進されますよう、リーゾ
も精一杯応援いたします。

それでは「すいすい通信」、4号目になる7月号、張り切って参りましょう!


_/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


 ・リーゾのニュース………………… 今月のリーゾ
 ・特集…………………………………「DNAすいすい-P」活用術
 ・ラボで役立つプチウラ技………… PAGEガラス板を洗ったら
 ・コーヒーブレイク………………  「新聞に載る」ことの意外な効果
 ・編集後記…………………………… 


■ リ ー ゾ の ニ ュ ー ス ━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………


○実験補助パートさん入門セミナーを開催しました

リーゾでは、「実験補助をしてみたいけれどよくわからない」、という主婦を
対象としたワンコインセミナーを6月15日につくばで開催しました。

参加人数は7名と少数でしたが、アットホームな雰囲気で、個別の相談にも
応じることができました。

優秀な実験補助者を発掘・養成する通信講座も、秋の開講に向け準備中です。
研究者と主婦のニーズをうまくマッチさせ、双方に喜んでいただくことが目標
です。

ワンコインセミナー第2弾、7月13日に開催します!
詳しくはブログ記事ををご覧ください。

http://rizo-inc.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/post-1f4d.html


○ベンチャー技術発表会で講演します

7月20日(水)13:30〜15:00、つくば研究支援センターにて。
リーゾを含むつくばのベンチャー3社が、独自技術などのお話をいたします。

お問い合わせ先: 
株式会社つくば研究支援センター(担当:石塚様・川上様)
TEL029−858−6000

詳しくはブログ記事をご覧ください。

http://rizo-inc.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/33aisttci-9326.html


○DSご愛用者の輪 キャンペーン実施中(継続)

DNAすいすいシリーズのご愛用に感謝して、シリーズ製品をご注文いただいた
お客様に、同じ製品の試供品を3セットお送りしております。
詳しくはこちらをご覧ください。

http://rizo-inc.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/ds-8a59.html


○核酸抽出オリジナルプロトコル作成キャンペーンのお知らせ(継続)

難しい材料からの核酸抽出にお困りの研究者の方に、耳寄りなお知らせです。
ご指定の材料からの核酸抽出プロトコルを、無償で検討いたします。

先日、お客様より、「炊飯米に付着した細菌からのDNA抽出」のお題をいただ
き、無事に解決しました。
新たなお題、お待ちしております。

http://rizo-inc.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/dnarna-7ba0.html


○臨時休業のお知らせ

7月21日、22日、25日、26日の4日間、臨時休業いたします。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。



■ 特 集 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
 
『DNAすいすい-P』活用術

きゅうり、ナス、トマト、ズッキーニなど、夏野菜のおいしい季節の到来です。

これら「ナス科」「ウリ科」の野菜は、育種や改良の研究も盛んに行われてい
ます。
しかしながら、DNAの抽出に関しては、少し難しいものもあるようです。

というわけで今回は、ナス科もウリ科もOKのDNA抽出試薬、『DNAすいすい-P』
とその活用法をご紹介します。

Pはポリフェノール(polyphenol)のP。
酸化しやすく、その過程で発生する活性酸素がDNAを分解してしまう、厄介な
共存物質です。
DNA抽出時には、ポリフェノールの酸化を抑える工夫が必要になります。

『DNAすいすい-P』が対応しているのは、豆類、茶、コーヒー、ハーブ・スパ
イス、紫色の穀類・野菜・果実など、ポリフェノールを含む農産物です。
さらに澱粉や多糖類が共存していても大丈夫、という頼もしい組成になってい
ます。

これまでに、例えばナス科、ウリ科、マメ科野菜の葉、ヒメクグなどの雑草の
葉からも、DNAが抽出できました。

推奨プロトコルではフェノクロ抽出を行いますが、野菜の葉など一部の材料に
ついてはフェノクロを省略できます。
詳しくはこちら
http://rizo-inc.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/d-54d2.html

96ウェル形式での抽出も可能ですので、ゲノム研究やマーカー育種にも向いて
います。

すいすいシリーズの中でも、特にコアなファンが多いDNAすいすい-P。
ご愛用者からは、「褐変しやすい葉からも安定してDNAが取れる」「他のキッ
トよりずっと収量がよくて助かっている」など、うれしいお言葉をいただいて
います。
http://rizo-inc.cocolog-nifty.com/blog/cat41093947/index.html
http://rizo-inc.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/dna-p2-a7b2.html

ご愛用、ありがとうございます!

DNAすいすい-Pのご案内はこちらです。
http://rizo.co.jp/DNA-P.html


<<その他の「「DNAすいすい」シリーズのご案内>>

澱粉の多い植物組織向け
DNAすいすい-S
http://rizo.co.jp/DNA-S.html

粘性物質の多いバラ科植物向け
DNAすいすい-R
http://rizo.co.jp/DNA-R.html

粘性物質の多いその他の植物向け
DNAすいすい-VS
http://rizo.co.jp/DNA-VS.html

脂質の多い植物種子向け
DNAすいすい-L
http://rizo.co.jp/DNA-L.html

加工食品向け
DNAすいすい-PF
http://rizo.co.jp/DNA-PF.html

土壌・活性汚泥等環境材料向け
DNAすいすい-E
http://rizo.co.jp/DNA-E.html

木材等の乾燥植物組織向け
DNAすいすい-W
http://rizo.co.jp/DNA-W.html

(RNA抽出バッファー「RNAすいすい」シリーズもございます。)
http://www.rizo.co.jp/


■ ラボで役立つプチウラ技 ━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

『PAGEガラス板を洗ったら』

ポリアクリルアミドゲル電気泳動(PAGE)を行った後、ガラスでできたゲル板
を洗い、さあどこに置こうか?と悩んだことはありませんか?
 
最低2枚以上は同時に使いますが、重ねるとくっついてしまうし、並べると場
所を取ります。
洗う人と拭く人が分業できればベストですが、普通は一人でやりますよね。
 
そこで、PCRプレートを逆さに置いて、洗ったガラス板を立ててみました。
意外と安定して、ちょうどよいドライラックになります。
洗いカゴの中に置いて、洗いながら立てていき、後でまとめて拭くと便利です。
(ガラス板の大きさは10センチ角程度です。大きいガラス板では倒れる可能性
がありますのでご注意ください)

これ以外にも、使用済みのPCRプレートは、逆さにするといろいろ使えます。
写真入りの記事がこちらにありますので、ご参考にしてください!
(写真小さくてすみません・・・)

http://rizo-inc.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/page-3850.html


■ コ ー ヒ ー ブ レ イ ク ━━━━━━・・・・・‥‥‥………

「新聞に載る」ことの意外な効果

主婦向け実験補助セミナーを始めるにあたり、せっかくなのでプレスリリース
もしてみよう!と、見よう見まねでプレスリリースをつくり、ドキドキしなが
ら新聞社などに送ってみました。すると・・・
 
幸いにも「茨城新聞」の記者さんの目に留まり、写真入の立派な記事が、しか
も『経済面』に掲載されたんです!
(ネット版はこちらでご覧になれます)
http://www.ibaraki-np.co.jp/news/news.php?f_jun=13076248088644
 
タダで宣伝できてよかった〜と無邪気に喜んでいたところ、思いがけず取引銀
行(2箇所)からお祝い&営業のお電話がかかってきました。
「新聞見ました!がんばってますね!お金が必要ならお貸ししますよ!」

とりあえず大丈夫なのでお礼を言うだけで終わりましたが、銀行さんってこん
なに優しいんだっけ・・・?と、戸惑ってしまいました。

聞くところによりますと、プレスリリース(→マスコミ掲載)の大きな目的の
ひとつは、「融資を引き出しやすくする」ことにあるといいます。

会社経営の健全さや、ましてや将来性は、銀行といえども判断に迷うもの。
「新聞に載るくらいだから大丈夫なはず」と、安心材料になるようです。
実態は何も変わっていないのに、不思議なものです。

(研究経験や趣味を生かした「ローリスクのベンチャー起業」、魅力を感じる
方もいらっしゃるのでは?
リーゾの経験が、将来、起業される方のお役に立つ日が来れば・・・
と考え、少しずつこちら方面の情報も発信していきたいと思っております。)


■ 編 集 後 記 ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

○ドキドキの主婦向けセミナー、無事に終わりました。
受講された主婦の皆さんは、やる気も能力もばっちりです。実験補助の仕事の
魅力を発信すれば、優秀な人材がどんどん研究者のもとへやってくるはず。
お客様へのサービスとして、これほどいいことはないのでは?と自負しており
ます。研究者の皆様、今後にご期待くださいね!

○開業以来、ふたり体制でやってきたリーゾですが、研究部長の健康上の都合
により、今月から当分の間、実質ひとり体制での運営になります。
納期等、若干お待たせすることがあるかもしれませんが、このような事情です
ので、ご了解くださいますようよろしくお願いいたします。

○最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
次回の「すいすい通信」も宜しくお願いします!



【すいすい通信】

発 行 日:月1回・第1水曜日(予定)
発行開始日:2011年4月7日

ご意見ご感想、および本メールマガジンの解除はこちらまで
info*rizo.co.jp (*を@に変えてください)

【発行元】

株式会社リーゾ
〒305-0005 茨城県つくば市天久保2-9-2-B201
TEL:029-852-9351 FAX:020-4623-5611
MAIL:info*rizo.co.jp (*を@に変えてください)
HP:http://www.rizo.co.jp/

※本メールは「MSゴシック」などの等幅フォントで最適に表示されます。

======================================================================
Copyright(C) Rizo Inc. All rights reserved.


 
- Powerd by Be-CMS -