お問合わせ

すいすい通信 vol.10 2012年1月号

 _┃ ☆  すいすい通信 ☆ vol.10  2012年1月11日配信    ┃_


すいすい通信は、「株式会社リーゾ」のお客様、および関係者の皆様にお送り
しています。


皆様お元気に新年をスタートされていることと、お喜び申し上げます。
いろいろと大変なことがあった昨年でしたが、こうして普通に仕事を始められ
る幸せを改めてかみしめています。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

「すいすい通信」平成24年1月号をお届けいたします。


_/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


 ・リーゾのニュース………………… 今月のリーゾ
 ・特集………………………………… 抽出法検討サービスってどんな感じ?
 ・ラボで役立つプチ裏ワザ………… 微量の試薬を量りとるには 
 ・コーヒーブレイク………………… 節分のお豆
 ・編集後記 

■ リ ー ゾ の ニ ュ ー ス ━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

○「常陽ものづくり企業フォーラムinつくば」でプレゼンに参加しました

平成23年12月15日午後、常陽つくばビル10階にて開催された表記イベントにて、
核酸抽出試薬「すいすいシリーズ」のプレゼンを行いました。

製造業の中でバイオはやはり異色で、残念ながらあまり反響はありませんでし
たが、得難い経験をまたひとつ積み重ねることができました。

イベントのご報告詳細ブログ記事はこちら↓
http://rizo-inc.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/in-b2da.html

○実験補助者育成セミナー、新年も開催します

「実験補助で生き生き働くお母さんの創出」がコンセプトです。

前回は、12月14日(水)に開催し、5名が受講されました。
12月のセミナー報告のブログ記事はこちら↓
http://rizo-inc.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/12-5724.html

12月〜2月は、3回シリーズで、来年春に真剣に実験補助としての採用を目指す
主婦を応援する実践的な内容を行っております。  

3回シリーズご案内のブログ記事はこちら↓
http://rizo-inc.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/3-62af.html


○東京農業大学大学院で「生物機能化学」の講義を行います

1月19日(木)、東京農業大学大学院で、
「生体機能化学」の講義をひとコマ、させていただくことになりました。

タイトルは、『「キットの中身を考える」という学習法』です。
 
研究者によるミニベンチャー起業の実態などを交えつつ、推理ゲームのように
楽しみながら分子生物学実験の原理を学ぶ方法を提案します。

(学外の方は参加できないと思いますので、後日ブログでご報告します。)


■ 特 集 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
 
抽出法検討サービスってどんな感じ?


「DNA・RNAが取れない」とお困りの材料はありませんか?
リーゾでは、研究者のこのようなお悩みを解決する無料サービスを、昨年春よ
り行っています。

今号では、このサービスを利用するとどんな感じなのか?をお話します。
  
「DNAやRNAが取りたいのに取れない、困ったなあ・・・」
と思っていろいろ探していると、リーゾのHPとブログを発見。
「これは使えるかも?(売り込まれるかもしれないけど・・・)」
と思いつつ、メールで問合せると、
「了解です。喜んで検討させていただきます!」
と返信がきます。

ここで、取れない場合の症状や、希望事項など、実務的なやり取りを少しして、
サンプルを少量お送りいただきます。
リーゾで同等のサンプルを用意できる場合には、お送りいただく必要はありま
せん。
あとは待つだけです!

リーゾでは、サンプルを入手次第、検討を開始します。
まず、これまでの検討結果の蓄積や、お客様からの情報を見直して、どのバッ
ファーでいけそうか見当をつけます。
組成や目的の似たバッファーを複数種類選ぶ場合もあります。
お客様から、特別にご希望がある場合には、それも加味して選びます。
プロトコルは、取説通りの方法をベースに、材料に応じてアレンジして仮組み
します。

それからいよいよ実験開始。
毎回、何かが「初めて」なので、ステップごとに慎重に観察しながら進めます。

抽出が成功したかどうかは、基本的には、

●分光光度計の数値と波形
●電気泳動像

で確認しますが、
DNA抽出では目的が「PCRで増えること」である場合が多く、その場合は、

●PCRテスト

も行います。
植物の場合には、リーゾオリジナルの18SリボゾーマルRNA遺伝子用プライマー
を使います。
動物、微生物用のユニバーサルプライマーも用意しています。
その他、「このプライマーで増えるかどうか確かめて」というご希望に応じ、
プライマーを送っていただいて試すことも可能です。

これで満足の行く結果が出ればOK。出ない場合には、症状を見て、どこを変
えるとうまくいくかを考えて、再度プロトコルを組み立ててやり直します。
 
実験が終了したら、検討内容の詳細を写真入りでまとめた報告書を作成し、メ
ール添付でお送りします。
ここまでが、混雑状況にもよりますが、だいたい1ヶ月以内です。
(長引きそうな場合には、随時ご報告しながら進めます)

報告書をご覧になったら、自分の手で試してみたいとうずうずするのが人情。
その気持ちに応えるように、お勧めのバッファーの試供品もすぐに届きます。

試供品をお使いになって、うまく行って、それで実験が終わってしまうケース
ももちろんあります。
その場合は、商売にはなりません。
それでもリーゾには「この材料にはこの方法」という貴重な知見が残るので、
とてもありがたいことなんです。
それが、次のお客様の問題解決に役立つことになりますから・・・。


・・・と、こんな感じでやっております。

もしも、DNAやRNAが取れなくて困っている材料がありましたら、自力で
解決しようとあまりがんばらずに、ぜひリーゾにご相談ください!


<<「DNAすいすい」シリーズのご案内>>

澱粉の多い植物組織向け
DNAすいすい-S
http://rizo.co.jp/DNA-S.html

ポリフェノールの多い植物組織向け
DNAすいすい-P
http://rizo.co.jp/DNA-P.html

粘性物質の多いバラ科植物向け
DNAすいすい-R
http://rizo.co.jp/DNA-R.html

粘性物の多いその他の農産物向け
DNAすいすい-VS
http://rizo.co.jp/DNA-VS.html

魚類体表粘膜、動物唾液など向け
DNAすいすい-F
http://rizo.co.jp/DNA-F.html

脂質の多い植物種子向け
DNAすいすい-L
http://rizo.co.jp/DNA-L.html

加工食品向け
DNAすいすい-PF
http://rizo.co.jp/DNA-PF.html

土壌・環境水など向け
DNAすいすい-E
http://rizo.co.jp/DNA-E.html

木材等の乾燥植物組織向け
DNAすいすい-W
http://rizo.co.jp/DNA-W.html

(RNA抽出バッファー「RNAすいすい」シリーズもございます。)
http://www.rizo.co.jp/



■ ラボで役立つプチ裏ワザ ━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

微量の試薬を量りとるには

色素や、抗生物質などの水溶液を、エッペンチューブ1本分程度でいいから作
りたい・・・という時に便利な裏ワザです。

ごく少量の粉末の試薬を量り取るのに、薬包紙や秤量皿を使うと、どうしても
少しくっついてしまう分が気になります。

調製する液体の量が、エッペンチューブにおさまる程度ならば、最初からチュ
ーブで量りとってしまうのが得策です。

用意するものは、PCR用の96穴プレートを、4×4にカットしたもの、エッペンチ
ューブ、それにミクロスパーテルです。

カットしたPCRプレートを上皿天秤に載せ、エッペンを中央にさして、ゼロ点あ
わせをします。
その後、ミクロスパーテルで粉モノを入れて量り取ります。

・・・これだけです。

チューブを寝かせて横から入れる(そんなことする人いないかもですが、私は
やってました)のに比べると、必要な集中力がぜんぜん違います。
万が一こぼしても、プレートが受け止めてくれるので掃除もラクです。


【おまけ】

ミクロスパーテルだと洗浄しないといけませんが、例えばエチブロなどのよう
に洗うのに抵抗がある物質もあります。そういうときには、ブルーチップの先
を斜めにカットして使うと、使い捨てできて便利です。

試薬ビンの底まで届かないときには、もう一本挿して延長すると使いやすくな
ります。

写真入りのブログ記事はこちらです↓
http://rizo-inc.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-a5b2.html


■ コ ー ヒ ー ブ レ イ ク ━━━━━━・・・・・‥‥‥………

節分のお豆

お正月、成人の日が終われば、次のイベントは「節分」!
節分といえば、最近はお豆より「恵方巻き」がポピュラーになりつつあります
が、お子さんのいるご家庭では特に、やっぱり「豆まき」は外せません。

ただの炒った大豆なのに、意外とおいしい節分のお豆。
・・・でも、このお豆を食べるのは、やはり1年でこの日だけ、という方、多
いと思います。
余ったお豆が出たら、お料理に生かしてみませんか?

お勧めは、「ひじきのと炒り豆の煮物」。
ひじき、こんにゃく、にんじん、油揚げなどいつものメンバーに、あまった炒
り大豆をどっさり加えて、しょうゆ、酒、みりんで煮てしまいます。
豆はほどよい歯ごたえが残るやわらかさになり、おいしいですよ〜。
歯ごたえと腹持ちがいいので、ダイエットにも向いてます。
同様に、「切り干し大根の煮物」にも合います。

それもめんどくさい・・・、という方には、「豆ご飯」はいかがでしょう?
普通にお米を研いで水加減し、炒り大豆を適当量放り込んでそのまま炊飯。
炊き上がったらほぐして出来上がり。
グリーンピースの豆ご飯もいいけれど、これも香ばしくてなかなかいけます。

日本人にとって、米と並んでなじみの深い大豆。
タンパク質はもちろん、、鉄分やイソフラボン、食物繊維ももたっぷり含む、
女性には特にうれしい食材です。
節分を期に、大豆とのお付き合いを深めてみるのもいいかもしれませんね。


■ 編 集 後 記 ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

○今年は、すいすい通信の読者の皆様へは賀状を控えさせていただき、こちら
で新年のご挨拶をさせていただくことにしました。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

○実験補助者育成事業でチャレンジした「平成23年度いばらきビジネスプラ
ンコンテスト」で、奨励賞を受賞しました(授賞式とプレゼンは2月2日)。
新年にうれしいニュースで、身が引き締まる思いです。

ご報告のブログ記事はこちら↓
http://rizo-inc.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-04bb.html

○最後までお読みいただき、ありがとうございました。
次回の「すいすい通信」も、よろしくお願いいたします!


【すいすい通信】

発 行 日:月1回・第1水曜日(予定)
発行開始日:2011年4月7日

ご意見ご感想、および本メールマガジンの解除はこちらまで
info*rizo.co.jp (*を@に変えてください)

【発行元】

株式会社リーゾ
〒305-0005 茨城県つくば市天久保2-9-2-B201
TEL:029-852-9351 FAX:020-4623-5611
MAIL:info*rizo.co.jp (*を@に変えてください)
HP:http://www.rizo.co.jp/

※本メールは「MSゴシック」などの等幅フォントで最適に表示されます。

======================================================================
Copyright(C) Rizo Inc. All rights reserved.
 
- Powerd by Be-CMS -